メモリーの選び方ってどうなの!?

PCメモリーの選び方を伝授しますっ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモリは何でも同じでしょと思うとぜんぜん違います。
形状の違いは見た目でわかりますが
DDRとかDDR2とかPC133とかPC2700とか
表現方法もさまざまです。

もしメモリの増設を考えているのでしたら
現メモリと同じ速度を選ばれると間違いは無いと思います。

同じDDR2であっても
533のタイプと677のものがあります。

勿論値が大きいほうが高速ですので
予算面で大丈夫であれば早いメモリを
選択することもできます。

ただマザーボードが533にしか対応していないければ
677のメモリを増設しても677の速度はでません。

メモリだけではなくマザーボードのメモリ対応も
確認することをお忘れなく。
スポンサーサイト
テーマ:メモリー - ジャンル:日記
メモリを増設しようと考えたときに
どれくらいが良いかな~と
考えたときに私なりの基準では
最大にパソコンを使用している状態での
使用メモリの2倍くらいあると安心だと思います。

現在のメモリの使用状況というのは
タスクマネージャーで確認することができます。

CTRL + ALT + DEL を押して
タスクマネージャを開いて
パフォーマンスタブをクリックします。
右下に物理メモリという項目があります。
その中のシステムキャッシュという値が
現在使用中のメモリ量になります。
合計とシステムキャッシュの差分が残りの利用可能の
メモリ量をあらわしています。
ここをみて利用可能なメモリ値と
システムキャッシュの値が
同じくらいか利用可能が多くなく程度の
メモリの容量がいいのではないかなと思います。
テーマ:メモリー - ジャンル:日記
モニタに表示する内容を記憶しているメモリのことです。
物理メモリの中に一部が割り当てられているものと
ビデオカードのようにモニタ専用で使用するメモリが搭載
されているものとがあります。

どちらも仕様用途に過不足がない状態が一番理想的だと
思います。

ビデオメモリが不足している状態では
画面の最大解像度が制限されたり
最大同時発色数が制限されたりします。

3D描画が必要なゲームをする場合に
ビデオカードを追加することで
最適にモニタへ描画されるようになるので
ゲームが大好きな方は身近な問題かもしれませんね。
テーマ:メモリー - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。